Doorkeeper

求められる企画書の中身とその理由

2022-04-21(木)20:00 - 22:00 JST
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

経費版 5,000円 前払い
自腹版 2,200円 前払い
協賛企業枠 無料
出演者、スタッフ 無料

詳細

当日参加できない方も、こちらにお申し込みいただければ後日アーカイブ(録画)を視聴いただけます。ただし、今回に限り、アーカイブ(録画)ではカットされる部分があります。

名村 晋治さん(サービシンク)をお迎えし、ウェブ制作でのディレクションにおける見積についてお話しいただきます。

求められる企画書の中身とその理由

Webディレクターにとって醍醐味であり避けられないものが「企画書」です。
仕事である以上、企画書は「作る」ことではなく「通す」ことがゴールです。
しかし「通る・通らないはクライアント側の胸三寸」と考え、「作ること」にのみ心血を注いでいるケースが多く見受けられます。

企画書は「採用」されてこそ意味があります。
通る企画書には様々な要素がありますが、「見積もり金額」以外にWebディレクターができることはないのでしょうか?

それを考える上で重要なのが、近年注目の「クリティカル・シンキング」。
企画書としての必須要素の紹介、その上で「通すため」の後押しを企画書に込める方法をお伝えします。

実際の案件におけるRFPを元に実際にどのように企画書に落とし込んだのかの「思考の過程」も紹介します(性質上、最終章は後日の動画公開NGです)。

企画書の基本

  • 企画書とは一体なにか?
  • 企画を作る上手の大事なこと
  • 企画を考える上でのフレームワーク
  • 企画書としての5W3H
  • 企画書としての体裁

感覚的な「通る・通らない」

  • 2種類の「通る企画書」の要素
  • 通らない「いい企画」のナゾ
  • 通し、通す企画の必要なもの
  • 通す企画を作るためのクリティカル・シンキング
    • 前提の「ヒアリング・スキル」
    • 問題発見の思考法
      • ゼロベース思考
      • 帰納法
      • 演繹法
      • アブダクション
    • 情報を集めた上での「クリティカル・シンキング」

名村が実際に使った企画書に込めたモノ

  • NDAのNG部分を隠したRFPから、クリティカル・シンキングを元にして実際の企画に練り上げた要素のご紹介(後日動画配信NG部分)

出演

名村 晋治(なむら・しんじ)

株式会社サービシンク代表

1994年にインターネットに出会い、1996年、当時大学2年生だった学生4名でのWeb制作を事業として始め、Web制作黎明期から多くの大手企業のサイト制作に携わる。2000年から2005年までは不動産検索サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL(在職時は株式会社ネクスト)にてディレクター職に従事し、基幹事業であるHOME'S、新築HOME'Sのユーザ画面からHOME'S Managerまでの設計・構築にフロントエンドエンジニアとしても従事。

2005年から2009年までは都内のWeb制作会社の取締役として参画し、2010年に96年から代表をしていた事業体を法人成りする形で不動産業界特化のWeb制作・システム開発を行う株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。2000年から20年間に渡って一貫して主軸を不動産サイトの構築に携わる。地場系不動産サイト〜中大手不動産サイト、賃貸・売買・不動産デベロッパー、投資不動産、ポータルサイトなどの全不動産領域のWebサイトについては、ユーザサイト・業務用サイト(管理画面系)を、中長期的な運用までを見越した設計を最も得意とし、中長期的なコストメリットをクライアントに提示することを信条としている。

サービシンクにおいては創業から2016年までの間、自社内の全案件においてPMを一人でおこなう。UI/UXデザイン、SEO、ユーザセンタード・デザイン、マーケティングまで全般の知見をもち、現在も制作現場で設計〜プロジェクトマネージャーとして従事。CSS Nite、WCANなどWeb制作者向けのセミナーには長年多数登壇。

2005年からWebディレクターとしての「Webディレクションやってますブログ」を続け、2020年よりWebディレクターへの情報提供のためのポッドキャスト「Webディレクションやってますラジオ」を毎週金曜深夜に放送中。

イベント概要

  • 開催日:2022年4月21日[木] 20:00-22:00
  • 形式:オンライン(Zoomウェビナー)
  • 形式:オンライン(Zoomウェビナー)
  • 主催:CSS Nite
  • 共催:DTP Transit
  • 参加費(お一人)
    • 2,200円(個人版)
    • 5,000円(経費版)

終演時間は若干の延長の可能性があります。

チケットに関して

  • 経費として処理される方は経費版を選択ください。
  • 2021年までのチケットは次のように変更になりました。
    • 「自腹での参加」 → 「個人版」
    • 「経費での参加」 → 「経費版」
  • 「協賛企業枠」のチケットは、CSS Niteに年間での協賛してくださっている企業向けです。

当日の進行などに関して

  • 19:30以降にZoomにログインしてください。Zoomアプリは最新版にしておくことをオススメします。
  • 19:45から「椅子ヨガ」を予定しています。
  • 質問事項は、Zoomウェビナー内の「Q&A」でなく、Slidoにご記入ください。事前に記入いただくことも可能です。
  • ツイートされる場合には、ハッシュタグは「#cssnite」をお付けください。
  • 終演時間は若干の延長の可能性があります。また、終了後、30分程度を目安に「アフタートーク」を予定。

視聴に関して(1)

  • Zoomの視聴URLは前日・当日に再確認をお願いします。
  • 参加される方のカメラ、マイクは自動的にOFFになっています(ONにできません)。
  • 画面共有でスライドやデモ画面を表示しますので、PCでの参加をおすすめします(スマホ/タブレットでも参加できます)。
  • 内蔵スピーカーでは聞き取りづらい場合があります。イヤホン・ヘッドホンの利用を推奨します。
  • 120分程度の接続で数百MBのデータ通信が必要です。通信制限の上限等にご注意ください。

視聴に関して(2)「音声が途切れる。画面が遅延する/カクカクする」場合

  • Zoomから退出したり、PCを再起動するなどして再度接続してみてください。
  • バックグラウンドで走っているアプリケーションを終了することで改善されることもあります。
  • 可能であればWi-Fiでなく有線で接続してみてください。
  • 改善されない場合には、後日提供する動画をご覧ください。

後日の視聴

当日見られなかった方、および、改めて見返したい方には、5日後(翌月曜日)に発行するフォローアップメールにて視聴URLをお知らせします。

  • 動画の視聴期限は開催から3週間を予定。

お振込の方

会社から複数名にて参加される場合には、まとめてお振込いただき、振り込み後にご一報ください。

その他

  • 開催前に「カウントダウンメール」、開催後に「フォローアップメール」をお送りします。こちらを必ずご一読ください。
  • 本セミナーのタイトルや内容は調整されることがあります。

オンライン椅子ヨガ

今回のCSS Niteはコモモ先生 @komomoaichi のオンライン椅子ヨガ付きです!

  • 19:45-20:00 開演まで
  • 20:55-21:05 休憩時間(前後することがあります)

一緒に「ちょっとメンテ」しましょう。
https://chotto-maint.com/online-yoga

Twitter/note/YouTube/LINE

セミナー前後に関連情報をお出しすることがありますので、Twitter/note/YouTube/LINEをフォローしてくださいますと幸いです。

CSS Nite(シーエスエス・ナイト)は、ウェブ制作に関わる方のためのセミナーイベント。2005年10月にスタートし、2021年10月で丸16年。

これまでに、800回を超える関連イベントを通して、のべ75,000名を超える方にご参加いただいています(2021年10月現在)。

協賛

CSS Niteには次の企業をはじめ、多くの制作会社に協賛いただいています。

株式会社ヘルツ有限会社アップルップルともすた株式会社トゥーアール(to-R)株式会社Gear8Qiita株式会社

コミュニティについて

CSS Nite

CSS Nite

CSS Nite(シーエスエス・ナイト)は、ウェブ制作に関わる方のためのセミナーイベント。2005年にスタートし、2021年10月で丸16年。 仙台、大阪、岡山、札幌、甲府、神戸、福岡、長野、青森、名古屋、沖縄、福島など首都圏以外での“地方版”なども開催しています。地方版は、現地の有志などにより主催・運営されています。 これまでに、800回を超える関連イベントを通して、のべ75,000名...

メンバーになる